タンパク質は必ず取るようにしよう!

c7967869-s-1

子供の成長に栄養をしっかりと取ることはかなり大切なことです。

体に栄養が行き渡ってないと身長も伸びなくなるし、まず体調を崩しやすくなってしまいます。

そして栄養はバランスよく摂取しなければいけません。

体の構成を簡単に説明すると、60%が水、20%がタンパク質、15%が脂質、残りがビタミン、ミネラルとなっています。

つまり、良質な水とタンパク質さえ取っていれば体の80%の質はよくなるということです。

しかし、このことを知っている人はあまりいません。

なんとなく水を飲んで、なんとなく食事をしている人がほとんどです。

なのでほとんどの人の体の栄養のバランスは整っていないのが現状です。

親の栄養バランスが整っていないともちろん子供の栄養バランスも悪いです。

ただいきなりたくさんの栄養の知識を知ることは無理だと思うので、今回はたんぱく質についてお話していきたいと思います。

→日々の栄養はせのびーるで摂取しよう!

タンパク質が不足すると何が起こる?

では体の構成の約20%を占めるタンパク質ですが、タンパク質が不足すると体にどんな影響が出るのでしょうか?

まずタンパク質は私の体のいろんな部分を作っています。

髪、肌、爪、臓器、筋肉などです。

タンパク質と聞くと、プロテインを想像してジムでトレーニングしているような人が飲むものというイメージがあると思いますがトレーニングしていない人でも必ず取らなければいけない栄養です。

そしてタンパク質が足りないとどのようなことが起こるのでしょうか?

1、集中力の低下

タンパク質にはアミノ酸が含まれています。

そして、やる気を高めてくれるドーパミンという物質や幸せを感じられるセロトニンという神経物質はアミノ酸に含まれています。

なのでタンパク質の量が少なくなってしまうと神経物質の量も少なくなってしまいます。

神経物質の量が少なくなってしまうと集中力の低下に繋がります。

子供に勉強しなさいと言って机に座らせてもすぐに飽きてしまうのは、勉強が嫌いなのではなくタンパク質不足の可能性もあります。

しっかりとタンパク質を取って集中力を高めていきましょう。

2、筋肉が減る

筋肉を作っているのはタンパク質です。

単純にタンパク質が減ってしまうと、筋肉の量も減ってしまいます。

筋肉が減ってしまうと、脂肪を燃焼してくれなくなってしまいます。

そうなると、太りやすい体型になったりしてしまうんですね。

最近、メタボになっている子供が増えているということをよく聞きますがそれもタンパク質を取っていないのが原因の一つと言えるでしょう。

どのくらいタンパク質をとればいいの?

厚生労働省が出しているデータによると、1日に必要とされるタンパク質の量は成人男性で50g、成人女性で40gとされています。

しかし現状として日本人のタンパク質の摂取量は足りないとされています。

それは食事のスタイルの変化が関係していると私は考えています。

現代の食卓を見てみると冷凍食品やインスタント食品などを食べている人が多いです。

どこにでもコンビニがあり、いつでも食べ物にありつけて、なおかつ早くて美味しく食べられます。

昔はコンビニなどなかったので今ほど簡単に食事にありつけませんでした。

しかし、簡単に美味しく食べられるからこそ栄養を気にする人はだんだんと少なくなってきたのではないかと思います。

料理をするのが面倒臭いからインスタント食品や冷凍食品にしたりして、それが何日も続いて体の栄養バランスがかなり崩れてしまっている人が多いです。

特に一人暮らしをしている男性の人なんかはそのような傾向が強いのではないでしょうか。

食べ物は腹を満たすだけのものではなく、体を作るものなのです。

そしてタンパク質を意識して取ることで体の約20%の組織が出来上がるのです。

どうやってタンパク質をとればいいの?

entry09

タンパク質は基本的に食事からとります。

例えば、肉、魚、卵、大豆などです。

そして覚えて置いて欲しいのがタンパク質には植物性と動物性の2種類あるということです。

今の日本人に足りていないのは植物性のタンパク質です。

普通に生活していれば、インスタント食品や白米などで動物性のタンパク質はとれています。

しかし、野菜や豆などを食べることは減少傾向にあるのが今の日本の食卓です。

なので意識的に植物性のタンパク質を含む食事を取らないとどんどんタンパク質のバランスは偏ってしまいます。

だいたい動物性タンパク質と植物性のタンパク質が2:1の割合で取ることが理想的です。

しかし、野菜や豆をたくさん食べることも飽きてしまうので植物性のプロテインを飲むことを私はおすすめします。

その中でも農薬を使った植物からとれたプロテインを使うのではなく、無農薬の農場から取っているプロテインを使った方がより健康にいいです。

しっかりとタンパク質を取って健康維持に勤めて行きましょう!

→日々の栄養はせのびーるで摂取しよう!