成長ホルモンを分泌させよう!

子ども 成長

子どもの身長を伸ばすためには成長ホルモンを分泌させることが大切です。

成長ホルモンを多く分泌させることができればできるほど身長は伸びていきます。

それではどうやって成長ホルモンを分泌させることができるのでしょうか?

せのびーる

成長ホルモンを分泌させる方法

成長ホルモンを分泌させる方法は大きく分けると3つあります。

では、それぞれ説明していきます。

筋トレ

筋トレを行うことで乳酸が体に溜まります。この乳酸がポイントで、乳酸が溜まり始めると

成長ホルモンが体内に分泌され始めます。

ただ、ハードな筋トレをしてしまうと体に負荷がかかってしまうので、ゆっくりとした筋トレを行っていきましょう。

そうすることで通常よりも何倍も成長ホルモンを分泌させることが出来ます。

睡眠

睡眠中に成長ホルモンが分泌されるのはよく知られていると思います。

しかし、ただ睡眠をとればいいということではありません。睡眠の質 が大切です。

睡眠時に成長ホルモンが分泌させるピークの時間帯は22時〜深夜2時の間です。

なるべくこの時間帯に子どもを寝付かせるようにしましょう。

食事

食事を取ることで成長ホルモンが分泌されます。

これもただ食べればいいのではなくタイミングが大切です。そのタイミングとは空腹を感じた時です。

空腹を感じるとグレリンという物質が出ます。このグレリンが成長ホルモンの分泌を促します。

なので、お腹も空いていないのにお菓子などを間食で食べてしまうとグレリンが出ずに成長ホルモンが分泌されません。

なので空腹時まで食事は我慢することが大切です。

せのびーるで成長ホルモンを分泌させよう!

子ども 身長

せのびーるにはカルシウムやビタミンなど成長ホルモンの分泌を促す栄養素が豊富に含まれています。

上であげた、筋トレ、睡眠、食事を意識しながらせのびーるで栄養を補うのもいいかと思います。

せのびーるの詳しい情報はこちらの画像をクリックして確認してみてくださいね〜

それでは子どもの身長が伸びるように親もしっかりとサポートしていきましょう!

せのびーる