子どもの身長が伸びない!低身長症かも・・・

身長 低い

あれ?子どもの身長が中々伸びない・・・

周りの同い年の子どもはどんどん身長が伸びていっているのに、私の子どもは全然伸びなくて

身長の差がすごい広がっている・・・

もしかしたら、あなたのお子さんは低身長症かもしれません。

低身長症とは?

低身長症とはある一定の基準を下回ったときに、認証される症状です。

その基準とは、平均身長よりも著しく低い1年間の背の伸びが著しく悪い。

この二つの基準に当てはまると低身長症と認定されます。

低身長症には二つの原因があって、ストレスや食事、運動などの生活からくるケース

病気が原因となる二つのケースがあります。

生活からくるケース

一つに親からの遺伝があります。親の身長が低いとその遺伝子を受け継いでしまい

身長が伸びにくくなってしまうというケースです。

遺伝が移るケースは25%と言われており、実際のところ遺伝よりも他の要素が大きいのが実情です。

病気から来るケース

成長ホルモンの分泌量が異常に少なかったり、骨や軟骨の発達がうまくいかず

身長に影響が出てしまうケースなど病気が身長に影響してしまうケースです。

低身長症を予防するには?

子供 食事

低身長症を予防するには毎日の生活に気を使うしかありません。

病気になるかどうかは私たちにはどうしようも無いことです。

しかし、生活に気を使うことは誰でもできるはずです。

子どもにストレスを与えない環境を作るとか、栄養のある食事を与えるとか

当たり前のことを当たり前にやって子供が成長しやすい環境を親の手で作っていきましょう!

>>>子どもの身長を伸ばすためのサプリメント!セノビール!