500x0_56a757a3-ddf4-4bf0-b451-6e080a0100df.jpg

最近体調を崩しがち・・・

昼頃になると体が重くなる・・・

子供の寝つきが悪い・・・

このような悩みを持っている方はこれから教える一つのことを意識すると良いです。

それを意識するだけで体の調子がどんどんよくなるはずです。

大人ももちろんですが、子供にも当てはまります。

必要な栄養素などは大人と子供では違いますが、基本的な体の作りは一緒ですからね!

では、健康を維持する為に意識すべきたった一つのことというのはなんなのでしょか?

それは糖質を控え、健康的な脂質=「良いアブラを摂る。

それだけで疲れにくく、風邪を引きにくくなり、健康的な生活を送ることができるようになります。

ただし、摂るんは「良いアブラ」に限定されます。

「良いアブラ」とは、できるだけ加工工程が少なく、自然に近い状態で、古くなって酸化していないもののことです。

とにかく「糖質は必要以上に摂らないこと」「良いアブラを選んで積極的に摂ること」、この二つを覚えておいてください。

→子供用サプリメント「せのびーる」はこちらから

なぜ「良いアブラ」が体にとってメリットをもたらすのか?

油

それは、人間の体に60兆個もある細胞の細胞膜が、アブラ(脂質)でできているからです。

体を構成する細胞の細胞膜が 「悪いアブラ」で作られてしまったら、体のあちこちに不具合が起きるのは当然のことなのです。

また、中でも「脳」は重さの60%を脂肪が占めるという、まさに脂肪の塊のような臓器です。

その脂肪が「悪いアブラ」で作られてしまうと、脳の機能が十分に発揮されません。

これは子供の学校の成績にもダイレクトで繋がってくる問題です。

悪いアブラをとっていると勉強したことが脳に定着しづらくなっていきます。

また、なぜ糖質を控えた方が良いのかというと、簡単に言えば糖質が「良いアブラ」の働きを邪魔するからです。

もともと人間の体は、糖質をエネルギー源として動くようにできていません。

なので糖質を摂ると体に無理が生じてしまいます。

糖質を控えたことによって、子供の気性が落ち着いたり、以前よりも明るくなったなどの例があります。

糖質が体に与えるダメージの大きさは想像を大きく超えているのです。

私たちは、人間が本来備えていた自然な状態に戻って、自然な機能を取り戻すべきなのです。

糖質が与える私たちへのダメージとは?

d8107a58296e30c55187dc6fbaa46976

これは糖質が生活の中に入ってきた時にどんな影響があったのか?ということを示す良い例なのですが、アマゾンなどの熱帯地域で死活している人たちは、昔ながらの狩猟や採集を中心として生活をしていました。

そのときはほとんど病気などには悩ませれていませんでした。

しかし、炭水化物や砂糖など糖質を多く摂る食習慣が入ってきた途端、がんや心臓病、糖尿病、虫歯、風邪、うつ病などにかかる確率が格段と上がったのです。

ある研究者の調査によると、発展途上の地域に住む先住民族の人たちは、炭水化物の食生活が入ってくる前は、歯を磨かなくてもみんな虫歯一つないとても綺麗な歯をしていたそうです。

彼らは非常に健康で、病気とは無縁の生き生きとした生活を送っていました。

しかし、西洋化した食生活が入ってくると、急激に病気が蔓延し、無気力な人たちが増えてきたと言います。

今の自分の子供や周りの子供の食生活はどうでしょうか?

必要以上にお菓子を食べたり、甘いものを与えすぎていませんか?

もしそうであるならば、今後かなり高い確率で体に異変が出てくるはずです。

子供の体は知らないうちに中から傷つけられている可能性が高いです。

今一度、お菓子などの砂糖を多く含んだ食べ物の食べ方を見直す必要があると私は思います。

糖質がどうしても欲しくなる理由

炭水化物などの糖質を摂ると、その糖質はまず体内でグルコースとう物質になります。

そしてこのグルコースを運ぶ役目をになうのがインスリンというホルモンです。

このインスリンは、糖質が入ると一気にスパークしますが、その分、減る時も急激な勢いで減ります。

つまり血糖値が急激に上がって、急激に下がります。

すると体は均衡を保つ為に血糖値をまた上げたくなって、糖質が欲しくなります。

甘いものを食べると、麻薬のように次々と欲しくなったり、癖になったりするのはこの為です。

その結果、インスリンは常に上昇して減るという不安定な動きを繰り返します。

血糖値がいつも上下していると、細胞に供給されるエネルギー値も安定しないので、内臓の機能が安定しません。

脳のエネルギーレベルも一定に保つことができず、集中したり、記憶したりするといった脳の機能も一定しません。

例えば、子供が机に座っても勉強しようとしても10分も持たず机から離れてしまうというのは糖質の取りすぎが一つの原因かもしれませんね。

 

以上の話をまとめると、最初に言ったように糖質を控え、健康的な脂質=「良いアブラ」を摂るということにつきます!

特に子供はお菓子を食べることが好きなので、しっかりと親が管理してあげるようにしましょう!

→子供用サプリメント「せのびーる」はこちらから