良いアブラと悪いアブラの基礎知識

アブラには大きく分けると2種類あります。

良いアブラと悪いアブラです。

人間の体は細胞の集まりでできていて、そのアブラの膜を覆っているのがアブラです。

アブラと聞くとあまりいい印象を持つ人は少ないと思いますが、アブラは人間にとってかなり大切なものです。

どんなアブラを摂るか よって、体の構成も変わってきてしまいます。

摂るアブラを変えたことによって不妊治療をしていた人が妊娠したという話も聞いたことがあります。

それくらいアブラというのは体にインパクトがあるのです。

では、良いアブラと悪いアブラはどう見極めて良いのでしょうか?

→栄養満点の子供用サプリメント「せのびーる」

食べ物からでしか摂取できない”必須脂肪酸”とは?

オメガ3 オメガ6

では、「良いアブラ」とは何か?「悪いアブラ」とは何かという本題に入っていきます。

まず、アブラの種類について簡単に触れておきます。

アブラには「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。

飽和脂肪酸は常温では固形になるアブラで、ギーやバター、ラード、肉の脂身など、主に動物性のアブラがこれに該当します。

不飽和脂肪酸は常温では液体になるアブラです。

植物性のアブラや魚のアブラがこれに該当します。

さらに不飽和脂肪酸は、その科学構造によって「一価不飽和脂肪酸(オメガ9=オレイン酸)と「多価不飽和脂肪酸(オメガ6=リノール酸、オメガ3=リノレン酸)」に分かれます。

これらのアブラのうち最後にあげた「多価不飽和脂肪酸」のオメガ6とオメガ3だけは人間の体で作ることができないので、食べ物から摂らなければなりません。

そのため必須脂肪酸と呼ばれています。

その他の脂肪酸は人間の体がその量を調整して自らつくり出しますが、体内で作れないオメガ6とオメガ3は、食べ物から摂る以外に方法がないのです。

オメガ6とオメガ3の理想の割合は「4:1」

「多価不飽和脂肪酸」のオメガ6とオメガ3は、別名「酸素マグネット」と呼ばれるほど、酸素を強力に引き寄せる力があります。

つまり、オメガ6やオメガ3で作られた細胞膜や細胞は、体内でマグネットのように酸素を引き付けるので、細胞は酸素が豊かになって元気になります。

また、脳の構成要素の14%はオメガ3、10%はオメガ6でできています。

脳の機能を維持するためにも、これら2つの脂肪酸は絶対に必要なアブラなのです。

なので子供の記憶力などを向上させることにも良いアブラを摂ることは良い効果があります。

では、オメガ6とオメガ3を含むアブラをひたすらたくさん摂れば良いのかというと、人間の体はそれほど単純にできていません。

オメガ6とオメガ3は体内で全く逆の働きをするので、どちらかが一方的に多くなってしまうと、体のバランスが崩れてしまいます。

理想の割合はオメガ6:オメガ3=4:1と言われています。

ただし、現代はアメリカでも日本でもそうですが、普通に食事を摂っていてはオメガ6に偏りやすい傾向にあります。

アメリカの場合を例にあげると、オメガ6:オメガ3の割合は40:1くらいです。

食事が欧米化している日本でも、これに準じた数値になっていると推測できます。

オメガ6に偏った食事は、体内でアレルギーを促進したり、血栓を作ったりします。

特に最近さかんに言われているのは、オメガ6の取りすぎで体内に炎症が起きるということです。

どんなものも摂りすぎたり、一つに偏ったりすると体に摂って悪影響をもたらします。

このように、”必須脂肪酸”のオメガ6とオメガ3は、人間が体で作れないとても大切なアブラですが、現在の私たちの食生活では、ついオメガ6を摂りすぎてしまいます。

したがって、オメガ6を控えめに、オメガ3 を積極的に摂るようなバランスのを心がけることが大切です。

知らない間に摂っている「トランス脂肪酸」の恐怖

トランス脂肪酸

では、「悪いアブラ」とはいったいどんなアブラなのでしょうか?

筆頭にあげられるのが、先に少し触れた「トランス脂肪酸」です。

トランス脂肪酸は「不飽和脂肪酸」の一種に分類される、非常に毒性の強いアブラです。

自然界にもわずかに存在しますが、毒性が強いものは、ほとんどが加工や加熱など人工的に手を加えたときに生じます。

トランス脂肪酸には細胞を攻撃する毒性があって、体の中でその僕が代謝されて消えるのに240日かかります。

また、トランス脂肪酸の毒にさらされると、細胞膜が硬くなり、がんや動脈硬化、心臓病など様々な病気を起こします。

あまりに危険なので、アメリカでは使用禁止になったほどです。

一方、日本では比較的トランス脂肪酸の摂取量が少ないとして、未だに野放しの状態です。

そんな危険なアブラを子供たちはお菓子やコンビニ弁当を通して毎日食べていると思うと、私はとても心苦しいです。

なのでこの記事をきっかけに、子供の成長や健康に対して考え始める人が増えればいいと思います。

まとめると、アブラには良いアブラと悪いアブラがあり、良いアブラを摂ることで健康促進につながるのでぜひ良いアブラを摂取してください!

→栄養満点の子供用サプリメント「せのびーる」